話題の勃起薬シルビトラの使用方法と注意点(副作用)まとめ

シルビトラ

勃起薬の1つであるシルビトラには男性のペニスが起たない、起ちにくいという悩みを解決してくれる効果があると言われています、俗にいうED治療というものですが、ある一定の年齢を過ぎると男性はペニスの元気がなくなってきてしまいます。年齢によるもの、ある出来事での自信喪失など理由はさまざまです。

もちろん、ずっと元気な状態を維持できている男性もいますが、実際のところは、多くの男性がこのEDという症状に悩まされているのです、そこで開発されたのがED治療薬で、シルビトラはその中の1つです。ジェネリックと言われている正規品の後に作られたおくすりで、シルビトラに関しては、レビトラ・バイアグラが正規品に該当します。

だいたいのED治療薬はジェネリックが存在していますが、中でもこのシルビトラに関しては、正規品の成分を2つも含んでいるので、その効果は絶大と言えるでしょう。

どんなおくすりでも効き目は人それぞれですが、このシルビトラを含むジェネリックには多くの男性が助けられているようです。

使い方や注意点

勃起薬やED治療薬と呼ばれているおくすりにはいろんな飲み方が定説されていますが、実際はさほど変わりません。

ここで言えるのは、即効性や持続力があるのはもちろんそのおくすりの特徴ですが、飲み方としては、どんな製品でも1時間前くらいに飲んでおくと良いです。ギリギリで飲もうと思っているとタイミングを逃したり、早めに飲み過ぎてしまうと途中で効き目が弱まったりするので、大まかな目安としては1時間前が良いでしょう。

正しくは実際に購入した製品のパッケージや商品の説明をよく確認してから飲むことをオススメします。

また、あまりにも知識が疎い方は、副作用や併用してはいけないおくすりなどもありますので、専門の医者に確認してから飲んでください。

副作用や併用禁忌薬

シルビトラの主な副作用としてあげられているのが、顔のほてり・胃もたれなどがあります。

これは他の勃起薬にもあげられていますが、そのほかの症状としては頭痛や動悸なども多いようです。

副作用に関しては、ED薬の効き目が続いているうちは症状として出るようで、勃起の効き目がなくなったら、副作用も治まるのが一般的みたいです。

また、併用禁忌薬と言われているおくすりもあり、すでに持病などで他のお薬を飲んでいる方は、これに気を付けなければいけません。

併用してしまうと持病が悪化したり、別の病気を発症してしまう恐れもあるので、かかりつけの医師に確認をしておく事を推奨します。