サビトラ(レビトラジェネリック)の使い方と注意点や副作用まとめ

サビトラ

サビトラは男の人のペニスが起たない、起ちにくいなどの悩意のもとであるEDの症状を改善するためのおくすりです。

EDとは男性に起こりうる病状の1つで、ペニスが思うように勃起しなかったり、硬さがイマイチ、持続力が足りないなどの状態になってしまう事です。

30代後半ころから多くの男性にみられる症状で、これを改善するために勃起薬が存在しています。

サビトラもその改善薬の1つで、知名度のあるレビトラの後発品として通販でも販売されています。

海外から個人で輸入する方も多く、レビトラよりも安く手に入るという事で、男性から支持を得ています。

成分もレビトラ同様にバルデナフィルを含みます。

使い方や注意点

基本的な使い方としては、セッ〇スをするおおよそ20分~30分程度前に飲むことで、EDの男性でも本来の勃起力やペニスが起っている持続力などを本来の姿に戻す事が可能と言われています。

もちろん、性的な興奮がないと勃起はしませんので、安易に飲めば起つという勘違いはしないようにしましょう。

また、早い方では15分程度でその効果が現れる事もあるので、一概にどれくらいの時間で効き目がでるというのは参考程度にしておくと良いでしょう。

飲む際の注意としては、2回連続で服用しない、他のおくすりを飲んでいる場合には、併用しても問題ないかをかかりつけの病院の先生に確認しておくことをオススメします。

※詳しくは商品に付属でついている説明書を良くご覧になってください。若しくは、専門医に相談してから使用するのも安全です。

副作用や併用禁忌薬

サビトラは勃起力を取り戻すのに有効なおくすりとされていますが、もちろん、良い事ばかりではありません。

おくすりには副作用もありますので、その点は注意しておく必要があります。

副作用について知っておかないと、おくすりを飲んだ時点で大量が悪くなり、それが薬のせいだと思い込んで病院に行くことになってしまいます。

ここで、起こりうる副作用についてまとめていますので、参考にしてみてくださいね。

・頭がぼーっとして頭痛のような感覚に襲われる。

・顔が熱くなってきて少し熱っぽい感じになる。火照る。

・多少気分が悪くなってきたり、吐き気を感じる事がある。

・鼓動が早くなって不整脈のような動機を感じてしまう。

・鼻がつまったり、鼻炎のような症状がでる。

これらはサビトラの副作用で起こる可能性の一部です。

他にもいくつか症状がでる可能性がありますし、まったく症状を感じない方もいます。

基本的にはおくすりの効き目がなくなれば副作用も落ち着くのですが、しばらくしても体調が回復しない場合、体調が悪くなってしまった場合などは、早めに病院にいって診察してもらいましょう。