レビトラジェネリックのレビスマ使用方法と注意点(副作用)情報

レビスマ

レビスマは男性のためのお薬で、EDと呼ばれている症状を改善するのに使用されています。

いろんなタイプの勃起薬がある中でもレビスマの特徴はやはり効き目の早さです。

レビトラのジェネリック品として効き目が早く、実際に性行為をする前におくすりを飲んだとして、早い方で10分から15分程度で効き始めると言われています、多少の個人差はありますが、他のおくすりに比べると体に浸透するのが早く、勃起するまでの時間が短いという事で人気もあります。

あくまで性的な興奮感などがある状態で効果を発揮するのですが、とにかく勃起までの時間が早いほうが良いという男性にはオススメなおくすりです。

使い方や注意点

レビスマの使い方としては、他のおくすり同様に基本的じは水やぬるいお湯で飲みます。

ただ、どうしてもお薬を飲む状況で水などが無い場合、ジュースなどで服用するしかありません。

ジュースでも効き目がでない事はありませんが、くすりを十分に浸透させるには水などで飲むことをオススメします。

注意点としてはお酒では飲まないようにしましょう。レビスマ本来の効き目がなくなってしまう恐れがありますので、その点はご注意を!

また、おくすりを飲む前に知っておきたい知識として、1日に何回も飲んではいけません!

風邪薬や頭痛薬も同じだと思いますが、1日に何回も多用してしまうと、その分くすりに含まれている成分を摂取する事となりますので体にも負担がありますし、副作用もキツくなってきます。

通常は1日1錠で、2回目の服用に関しては24時間以上の感覚を空けるようにしてください。

レビトラに含まれているバルデナフィル成分は、ペニスの血管を拡張していくため、一度に多用する事で体に対する危険性も、より高まっていくの注意しておきましょう。

副作用や併用禁忌薬

EDのおくすりを飲んだことがある男性はご存知だと思いますが、誰しもがある程度の副作用を感じています。

代表的な症状として、視界がまぶしく感じてしまったり、頭が痛くなる、心臓がバクバクして鼓動が早くなる、頭がボーっとするなどの例があります。

副作用も個人差がありますが、レビスマの効き目がなくなっているのにもかかわらず、副作用の症状が全く治まらない状態が続くようでしたら、病院に行って診察してもらう事をオススメします。

また、抗真菌薬などのいくつかのお薬や成分はレビスマと相性が悪いので、同時に飲んでしまうと体に悪影響を及ぼす危険性があります。

現在、おくすりを飲んでいる方はレビスマと併用しても問題ないか、かかりつけの医師に確認をして併用禁忌薬に該当していないか確認しましょう。